大切に使われた石の斧

こんにちは! どきたんだよ!

今日は縄文人が大切に使った石の斧を紹介するよ

打製石斧の出土状況
 
これが、シュツドした石の斧だよ。
木の棒にくくりつけて、木を切ったり、土を掘ったりするのに使われたらしいんだ。

この石の斧、前に出土した石の斧と比べるとずいぶん短くて、
先のほうがヘンな形になっているのが分かるかなぁ?

打製石斧の出土状況
(↑前にシュツドした石の斧。左側の刃の部分が、幅が広くて平たい形をしているね。)

この石の斧は、石を丁寧に打ち欠いて作られているんだけど、
使っていてスルドイ刃の部分が丸くなったり、折れたり、壊れたりしたときには、
もう一度丁寧に打ち欠いて刃を作り直して使い続けたんだって

だから、刃のほうが短くてヘンな形をしている石の斧は、
何度も刃を付け直しながら大切に使われたモノだっていうことが分かるんだね
縄文人のお気に入りの斧だったんだ

石の斧に使われている石は、
ナント蔵王の山を越えて今の山形県あたりから運ばれてきたんだって
遠くのムラから運ばれてきた大事な石を使って、
心をこめて作られた石器だから大切に使ったんだね

じゃあ、またねー!

--
頁岩(けつがん)などの石を材料として、打撃によって表面を剥離して製作される石器を打製石器と言います。打製石器は、使用中に刃部が摩耗したり欠損した場合には、再度剥離を行なうことによって刃部を作り直すことができました。刃部の再生を繰り返した石器は、形状が非対称であったり極端に短身・細身であったりするところから見分けることができます。そうした石器は石斧や石箆、石匙などに多く見られ、メンテナンスを繰り返しながら長く大切に使用されたことが分かります。<M>
0


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック