バラバラの土偶の謎

こんにちは! どきたんだよ!

谷地遺跡では土偶(どぐう)がたくさんシュツドしているんだ。
土偶っていうのは、粘土を焼いて作ったお人形さんだよ

さまざまな土偶
 
これまでに谷地遺跡でシュツドした土偶は45体もあるんだよ

胸やおしりが大きく表現されていたり、おなかが大きかったり、
どうやらおなかに赤ちゃんがいるお母さんをかたどったものらしいんだ。

土偶のあたま

これは、土偶の「あたま」の部分だよ。
目や鼻、口などの顔の表現がされていないんだ。キノコみたいな形だね。

土偶のむね

これは、土偶の「むね」の部分だよ。
むねの下からおなかの真ん中に真っすぐな線があるね。
これは、妊婦さんのおなかにできる正中線(せいちゅうせん)なんだって。

土偶のあし

これは、土偶の「あし」の部分だよ。
頭や胴体は平べったい形だったけど、足はとっても太く作られているんだ。
腰から足にかけて「しましま」や「うずまき」の文様が付けられているね。

でも、シュツドした土偶は頭や胴体、足・・・、どれもバラバラの破片なんだ。
破片どうしがくっつくことも少ないから、わざと壊して別々のところに捨てられたみたいなんだ。

土偶が何のために作られて、どうしてバラバラに壊されたのか・・・。
考古学のセカイでも、大きな謎なんだって

「縄文時代の人びとは、土偶を使ってお祈りの儀式をした後に、
わざと壊してムラのみんなから災いを払いのけたんじゃないかっていう説や、
子どもを産むことができる女性を豊穣や多産の象徴と考えて、
豊かな実りや狩りの成功を祈ったという説があるんだ」って調査員さんが教えてくれたよ。

谷地遺跡では、捨てられたたくさんの土器と一緒に土偶がシュツドしているんだ。
縄文時代のゴミ捨て場は、お祈りの儀式を行なったりもするタイセツな場所だったんだね。

きっと、縄文人は使わなくなったモノを捨てるときにも、
いつも「ありがとう」っていう感謝のキモチを持っていたんじゃないかなぁ

じゃあ、またねー!

--
土偶は東日本地域の縄文集落で多く作られました。全体は人の形に作られているものの、頭部・顔面・胴部・手足などは抽象化される場合が多く見られます。その一方で乳房・正中線・妊娠した腹部・陰部・臀部などを具体的に表現するものが多く、土偶のほとんどは女性像と考えられています。また、出土する土偶の大半は何らかの形で破損しており、故意に壊したと考えられるものも多く見られます。そのため、土偶を破壊して遺棄することで災厄を祓う祭祀が行われていたとする説があります。谷地遺跡では窪地に形成された捨て場遺構から土偶が多く出土しており、捨て場が祭祀の場でもあったことを示しています。<M>
0


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    蔵王町の歴史と文化財公式ホームページ



    カレンダー

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    最近の投稿

    カテゴリー

    アーカイブ

    ムカシのWEB日誌を見る

    リンク

    プロフィール

    この日誌を検索

    counter

    無料
    無料

    無料


    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM